引越し 車の輸送方法

引越しの時の、車の輸送方法ってどうすればいいの?

引越し時の車の輸送 

 

いざ、引越しが決まると引越し先の家探しから始まり、荷物の整理をして、近所にも挨拶をしなきゃ・・・とやることがいっぱいありますよね?

 

そんな中で見落としがちなのが、「車の輸送」です。

 

引越し先が近くであれば問題ないのですが、長距離だと自分が運転するのは怖いし、かといって他に誰も運転してくれないし、どうすればいいのかわかりませんよね?

 

もしかして、あなたも引越しが決まって車をどうするかお悩みでしょうか?

 

そんなあなたへ、引越し時の車の輸送方法を紹介しますので、是非参考にしてくださいね。

 

引越し時の車の輸送方法は大きく分けて3つあります

@自分で引越し先まで運転する

一番オーソドックスで最初に思いつきます。ただ、これができるんであれば最初からそうしてますよね。普段から長距離運転が慣れていれば問題ありませんが、引越しの準備で疲れている時に運転って、ちょっと怖いですよね?

 

A引越し会社に依頼する

これが一番楽ですね。引越しと一緒にオプションとして依頼することができます。ただし、中小の引越し会社は対応していないところもあります。また、大手の引越し会社でも下請けで外注している会社もあるので、中間マージンが発生して割高になる場合があります。

 

B車の輸送専門会社に依頼する

自分で探して予約しなければいけませんが、引越し会社に依頼するよりも安くなる傾向にあります。また、引越し等の輸送に特化した会社なので、取り扱いになれていて引越し後のナンバー変更などサポートしてくれます。

 

よって、

多少高くても楽に車を輸送したいなら「引越し会社」、多少面倒でも割安にしたいなら「輸送専門会社」、とにかく安く、気力と体力があるなら「自分で運転」ですね。


業者って車をどのように輸送するの?

 

引越し会社、輸送専門会社どちらに依頼した場合も輸送方法は3種類あります。

 

陸送(自走)

引越し時の車の輸送 キャリアカー
いわゆる運転代行です。あなたの車を業者のドライバーが運転します。主に距離が近い場合に適用されますが、大手のハート引越センターでは長距離でも自走のサービスをしています。ただし、運行にかかった高速代やガソリン代は別途請求されますので、いちばん料金が高い方法になりますね。

 

陸送(キャリアカー)

引越し時の車の輸送 キャリアカー
複数の車を同時に運びますのでその分費用は安くなります。ただし、日程はこちらの思い通りにはならないことが多いです。

 

船便

引越し時の車の輸送 キャリアカー
キャリアカーよりも積載量が増えるのでさらにコストは安くなります。ただし、港が最寄り似ない場合は不便になりますし、日程はキャリアカーよりも不便になります。

 

 

結局どの輸送方法がいいのか?

料金が高くてもいいなら、やはり陸送(自走)ですよね。日程の都合が一番つきやすいです。

 

自走を指定しないで依頼した場合は、上記3つを組み合わせていることが多いです。

 

輸送距離にもよりますが、通常のながれは、

 

@輸送会社があなたの家に車を取りに来て、キャリアカーのある中継地点へ
Aキャリアカーに乗せて、てフェリーの待つ港へ
Bフェリーにて目的地の港へ
C港にてキャリアカーに乗せて中継地点へ
D輸送会社があなたの新居へ車を届ける

 

引越し時の車の輸送 キャリアカー

 

というような流れです。

運送にかかる日数や料金相場は?

引越し時の車の輸送 

 

運送にかかる日数も料金も、車の大きさと運ぶ距離によって大幅に異なります。

 

日数に関しては、同県内や隣接している県であれば即日、又は翌日受け取ることが可能な場合があります。長距離になると1週間くらい必要になります。(例:東京〜大阪 約4日間、東京〜福岡 約5日間、東京〜那覇・札幌 約6日間)

 

料金相場に関しては、普通車(セダン)として、いくつか参考例をお見せしますね。

 

計算したのは、車の輸送を専門に行っている「代行.net」と大手引越会社の「ヤマト」です。

 

引越し時の車の輸送 代行net引越し時の車の輸送 ヤマト

 

 

行き先 代行.net(車輸送専門) ヤマト(大手引越)
東京〜名古屋 30,888円 48,168円
東京〜大阪 36,612円 52,920円
東京〜広島 53,568円 62,964円
東京〜福岡 49,248円 68,904円
東京〜沖縄 78,300円 121,824円
東京〜仙台 36,612円 49,356円
東京〜青森 44,172円 61,776円
東京〜札幌 54,216円 68,904円
札幌〜沖縄 118,260円 153,900円

(※概算料金です。すべて税込み)

 

 

各サイトで調べた結果、上記のようになりました。

 

あたり前と言ってはあたり前ですが、全てのパターンにおいて車輸送専門会社のほうが安かったですね。東京〜沖縄では43,000円も差額が出ていました。

 

少し手間はかかりますが、専門会社に見積もりを取ってみる価値はありそうですね。

 


業者に車の輸送を依頼する場合に注意することって?

引越し時の車の輸送 

 

自分で愛車を運ぶ場合は問題ないのですが、業者に依頼する場合は専門会社も引越し会社も同様で注意すべき点があります。

 

以下のような車は業者に依頼できません

・車高が15cm以下
・車検証がない
・不法改造車両
・高級外車(車種によりますので要確認

 

車の中の荷物は出しておく

車の中はできる限り荷物は置かないようにしてください。車の運送に関して車両の保険は入っていますが、車の荷物に関しては保険適用外なんですね。
万一傷がついたり、無くなったりしても保証が付きませんので要注意です。


まとめ

 

ここまで引越しに伴う車の輸送についてお伝えしてきました。

 

引越し先まで、あなたが自分で運転できる距離でなければ、専門の業者さんか引越し会社に依頼することをおすすめします。頑張って運転しても、高速代やガソリン代はかかってきますので、依頼するよりは安くはなりますが、身体的、肉体的リスクを考えればそれほど安くもないのでは・・・

 

引越し準備で疲れて、長距離運転でつかれて、心身ボロボロになり、それで万一事故でも起こしたら・・・と考えてしまいますよね。

 

もし、自分で手配するのが面倒でなければ、車輸送専門会社のほうが安くなります

 

先ほど紹介した、「代行.net」さんは引越し後のナンバープレート変更の手続きもしてくれるので便利です。

 

引越し時の車の輸送 代行

 

>>「代行.net」の公式サイトはこちら

 

 

ただ、料金的にはもっと安い業者があるかもしれません。こちらのサイトでは、代行.netさんのような専門会社の料金を比較できるので、最安値の業者を見つけることができます。

 

引越し時の車の輸送 陸送村

 

>>「陸送村」の公式サイトはこちら

 

ちょっとサイトが見にくいんですよね笑。中央の「お見積りスタート」のボタンを押すと見積もりできるようになっています。

 

 

それと、もし、あなたがまだ依頼する引越し会社が決まっていないなら、是非こちらのサイトで比較してから決めてください。最大10社の引越し会社に一括見積もりできて、一番安い業者を選ぶことができます。最近すごく人気のサイトで、高いところと安いところで2倍近くも差額が出ます。
無料で利用できるので、引越し会社を検討しているならおすすめです。

 

引越し時の車の輸送 引越し価格ガイド引越し時の車の輸送 

 

>>「引越し価格ガイド」の公式サイトはこちら

 

 

逆に、「車の輸送でこんなに料金かかるなら、いっそのこと売っちゃおうかなぁ?」と思ったあなた。

 

いま乗っている愛車の概算料金を調べるサイトがあります。こちらも便利なので、どうしようかな?と悩んでいるなら、試しに一括見積もりしてみてはいかがでしょうか? 見積もり金額が出てから売るか売らないか決めてもいいですよね。

 

引越し時の車の輸送 

 

>>「かんたん車査定ガイド」の公式サイトはこちら

 

 

あなたの引越しがうまくいくことを願っています。 頑張ってください!!

 

引越し時の車の輸送